雑談

大雪のお陰で気づいた、ちょっと嬉しいお話

こんにちは、サクライオートです!

タイトルの通り、新年早々福井県は大雪に見舞われ大変でしたね。

しかも3連休。福井県民休日でしたが、何処へも行けず…( ;∀;)( ;∀;)

ところで、今回の大雪を通して思った事なんですが。

福井ってほんとクルマ社会なんですね

今までずっと

「福井(あわら市)は人口が減少している。高齢化が進み若者がいない!」

↑こういうイメージが頭の中にありました。事実誰も外を歩いていない。

まさに限界集落!

しかし今回の大雪で、降り積もる雪を

朝から晩までせっせと雪かきしていたら…

良いことありました!!

頑張った甲斐がありました!!

なんと!

道に大勢の人が歩いていたのを

見かけたんです!!

「限界集落ではなかったという喜び!!」

皆さん徒歩でスーパーに行って来たんでしょうか?

ママさんダンプをソリ代わりに…買い物袋を乗せた人々がぞろぞろと歩いていました。

その面々、まさに若者からお年寄りまで。

そういえば、ご高齢のお客さんとお話をしていると、皆さん口を揃えてこう言います。

昔は、芦原温泉駅前の大通りはいつも人でごった返していたなあ。
商店街が立ち並び、アベック達は駅前で待ち合わせをし、いつもワイワイガヤガヤ。
よく銀座商店街と言ってたわ。

「うーん…ちょっと盛り過ぎな気が…?」

と、実は(少し)思ってましたが

あの風景を見て、なんとなーく当時の賑やかな景色が浮かんできました。

外に人っ子一人歩いていなかったのは、皆車に乗ってたからでした。

あわら市は限界集落ではなく、驚くほどのクルマ社会というだけでした。ほっとしました。

昔は地元の商店街にも、車の数だけ人が歩いていたと考えると、銀座商店街という名前もしっくりきます。

町の構造とか、人の生活をも変えてしまうほど、車って便利なんですね。

まさに今のスマホとかみたいに、破壊的な便利さです。

便利なものが登場すると必ず何かが失われるので、反面寂しくもありますが…(~_~)

さて、これからは自動運転の時代ですね。

福井の人の生活はどうなってゆくのでしょうね?ちょっと楽しみです(^^)

コメントを残す

*